脂肪溶解注射のメリットとデメリットについて

脂肪溶解注射のメリットとは

これまで色んなダイエットに挑戦してきたが、一向に痩せてくれない。そんな人に人気のある脂肪溶解注射ですが、この注射のメリットは他の痩身方法よりも短時間で済ませることが出来ます。脂肪溶解注射とはアミノ酸や脂肪を溶かす作用のある薬を注入する方法です。通常の脂肪吸引ではなかなか行えない骨の近くの場所にも施すことが出来ます。メスを使った手術よりもその後の腫れや痛みがほとんどなく、薬の量を調節しながら注入することが出来るので、お腹や太ももだけではなく、頬骨や腕など細かなところにも注入してスリムになることが出来ます。

脂肪溶解注射のデメリットについて

この一見便利で気軽に行えるイメージが有る脂肪溶解注射ですが、デメリットもあります。まず1回ではなかなか満足に脂肪を落とすことが出来ません。そのため、2週間に1回脂肪溶解注射を注入する必要が有るので、仕事や学校で忙しい人にはなかなかメンテナンスが大変です。ほほや顎など、顔痩せをしたく、顔に脂肪溶解注射を行った場合、他の部位よりもダウンタイムが重く腫れる場合が有ります。メリハリのあるデザインを作ることがなかなか難しく、仕上がりがイメージ通りにならないことが有ります。何回も注射をするので痛みに弱い人はそれがつらい、痩せすぎもしくはあまり効果がなかったということが稀にあります。気軽に行える分、なかなかイメージ通りにならない、ダウンタイムが長い、何度も通う必要が有るなどメンテナンスが大変な場合が有ります。

脂肪溶解注射の施術は、すぐにダイエットの効果を実感することができ、患部の見栄えもよいことが人気の理由です。