ダイエット本気で考えるなら肥満外来という選択肢も

そもそも肥満外来とは?

肥満外来とは、肥満を解消するために、医師の診察を受けて治療という形でおこなうダイエットです。生活習慣の改善や、食事指導や運動療法、投薬のほか、外科的処置が施されることもあります。

肥満外来のメリットとは?

肥満外来の一番のメリットは、まず、肥満の原因を探ることができることです。原因の多くは、食べ過ぎなど食生活の乱れや慢性的な運動不足などですが、中には病気が隠れていることもあります。たとえば、食べ過ぎがやめられないことが心因性の場合があったり、ホルモンの異常などで太ってしまっていることもあります。治療にあたってはさまざまな検査やカウンセリングがおこなわれるので、原因にあわせて適切なダイエット指導ができます。

また、医療機関なので、食欲を抑える薬や脂肪燃焼を促進する薬などを処方してもらうことができます。市販のダイエット薬などを自己判断で服用するのには不安が伴うことがありますが、自分の身体や症状に応じて処方された正しい薬を適切な量で服用することになるので安心感があります。

肥満外来って保険がきくの?

肥満外来での診療には、保険診療と自由診療があります。取り扱いの判断は医療機関によって変わってくることもあり、すべてのケースで保険診療で対応できるとは限りません。多くの場合、肥満の原因が病気である場合や、肥満であることで、目に見えて身体に良くない影響が表れているときなどは、保険診療が適用されます。たとえば、日常生活が困難なほど太っているとか、メタボリックシンドロームや、腰痛や膝痛、睡眠時無呼吸症候群、脂肪肝などの症状が出ている時です。

必ず痩せるという意志を持っているなら、肥満外来の受診は有効な選択肢の一つといえます。

肥満外来では、体重過多により、健康や体に支障があると思われる方に、食習慣や生活習慣の改善指導を行っています。